どのくらいの期間、赤ちゃんができなければ不妊なの?

ではどれだけの期間、妊娠しなければ「不妊」と考えたほうがいいのでしょうか?
先に述べたとおり「通常の夫婦生活を営んで1年間妊娠しない場合は不妊症」というのが、現在一般的に受け入れられている考え方です。1年で不妊というその根拠はど
こにあるのでしょうか?

不妊に対してまったく問題のない100組のカップルがいるとします。仮に1周期あたりの妊娠率を25パーセントとすると、最初の1ヵ月で約25組が妊娠することになります。

残り75組のうち25パーセントにあたる19組が、つぎの周期で妊娠することになります。

残り56組のうち25パーセントにあたる8組が、そのつぎの周期で妊娠することになります。このように計算していくと、1年後に妊娠しないまま残るカップルはわずか3組になるというわけです。

ここから「1年経っても妊娠しなければ不妊」という考え方が出てくるのです。
しかし、これはカップルの双方に不妊に対してなんら問題がない場合の、あくまでもシュミレーションでしかありません。

子どもを産みたいと考えたカップルの80パーセントが結婚して1年後に、90パーセントが2年後に妊娠しているといわれますが、先ほども述べたように、夫婦の背景や夫婦生活のとらえ方ははさまざまです。

「赤ちゃんが欲しいと思って1年経って妊娠しなければ不妊」というのは、あくまでひとつの目安にすぎません。1年以上たっても自然に妊娠するカップルもたくさんいることを心にとめておいてください。

レッスン:不妊に定義はない!

SNSでもご購読できます。