不妊の人が必ず不妊治療が必要なわけではない

 カップルの5組に1組が不妊に悩んでいるといわれています。ですが、赤ちゃんが欲しいけれどなかなかできない人に、必ず不妊治療が必要なわけではありません。

 不妊治療に関して、体外受精や顕微授精といった高度生殖医療を行う医療機関においても、妊娠した人の70~75%はタイミング法で妊娠しています。タイミング法とは、簡単にいえば排卵日に合わせて夫婦生活を持つということ。限りなく自然妊娠に近い形です。

 医学的な理由で高度生殖医療が必要な人は、不妊の方の10組に1組です。不妊の人の10組に9組みは、「自然に近い形で妊娠する可能性がある」ということなのです。

 なぜこのようなことを述べるのかというと、不妊治療が大きな精神的、肉体的ストレスをともなうと、私自身も実感しまた、経験された多くの方が訴えているからなのです。とくに女性の負担は大きなものがあります。たとえ男性のほうに原因があったとしても、治療を受けるのは主に女性だからです。時間的、経済的な負担もあります。皮肉なことに、このようなストレスが重なって、不妊症の治療が不妊をさらに悪化させる「不妊治療不妊」となることも少なくありません。自然妊娠できる可能性があったのに、不妊治療に熱心になるあまり、セックスレスになってしまうカップルも少なくありません。これでは何のための治療かわかりません。

 不妊治療に進む前に、できることはたくさんあります。私はまずそこから始めましょうと言いたいのです。この章ではその具体的な方法を紹介していきますから、ぜひ実践していただきたいと思います。

 今は医療の質が問われる時代です。自分たちがどのような妊娠を望むのか、まずはじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。不妊症は一刻を争うような病気ではありませんし、一刻を争っているカップルは、プレッシャーや精神的ストレスからかえって妊娠しにくいものです。

SNSでもご購読できます。