不妊治療はいつから始めるのが最適なのか

夫婦生活が続いていても、妊娠しない場合は、いつから不妊治療を始めるのがいいのでしょうか。また不妊治療を始める年齢は、何歳からが最適なのか気になるポイントです。今回は、不妊治療をいつから始めるのが最適なのか、詳しい内容を紹介していきます。

 

不妊の定義とは?

 

少し前までは、不妊の定義は夫婦生活を営んでいても、2年間妊娠することができなかった場合に「不妊症」と診断されていました。しかし、近年では晩婚化が進んでいることから、夫婦生活を営んでいて、1年間妊娠することができなかった場合に、不妊症と診断されることになっています。

 

不妊の定義は、日本産科婦人科学会が決めたことであるため、病気ではありませんが、症状として不妊の状態にあることから、便宜上決められた名称です。

 

何歳から不妊治療を行うのがいいのか?

 

不妊症と認められた場合に行う不妊治療ですが、実際には何歳から受診するのがいいのでしょうか。高齢になるほど、妊娠率は低くなる傾向があるため、子供を授かるのであれば、早めの方が望ましいと言われています。

 

特に女性の場合は加齢に伴い、卵子も老化していくため、40歳を超えると妊娠率がかなり低くなってしまうのが特徴です。

 

晩婚化が進んでいますが、平均的に妊娠率が下がり、不妊治療を行うのは35歳からが多いでしょう。さらに体外受精を行う平均年齢は40歳であるため、自然妊娠を望むのであれば、30代のうちにクリニックに向かい、不妊治療を行うことをおすすめします。

 

男性の場合も、高齢になるほど精子の質が下がる傾向にあるため、早めの診察を行い、状況によって不妊治療を行うことが大切です。ただ、男性の場合は、女性よりも高齢であっても妊娠する可能性が高いのが特徴になります。

 

年齢よりも、ストレスや飲酒、喫煙によって不妊になる可能性があるので、男性の場合は若くても不妊の原因を特定するために、クリニックで検査を行う方がいいでしょう。

 

不妊の原因

 

不妊治療を行う前に、不妊の原因を自分で把握しておくことも重要です。不妊の原因を把握しておけば、クリニックの検査の際に、不妊の原因を特定しやすくなるので、不妊治療を行うことで、結果がすぐに出る可能性があります。

 

不妊の原因で多いのが、排卵・精子・卵管に問題が発生しているケースです。排卵については、排卵日を把握することで、妊娠しやすい時期を医師が指導してくれるタイミング法を実施すれば、すぐに不妊治療を完了させることができる可能性があります。

 

精子については、男性側に不妊の原因が発生しているため、女性だけでなく、男性も不妊の検査を実施しておく必要があるでしょう。そのため、不妊治療を行うことを決意した場合は、夫婦共に病院で診察してもらうことが重要です。

 

卵管は、人によって細くなっていたり、状態が異なるケースがあります。クリニックで細かい検査をしてもらうことで、不妊の原因を特定してもらうこともできるので、早めに不妊治療を開始して、早期解決に努めましょう。

 

早めの不妊治療が重要

 

妊娠率は、男性も女性も高齢になるほど低くなる傾向にあります。そのため、少しでも妊娠できないと感じた場合には、速やかに不妊治療を検討するのが望ましいでしょう。

 

時間が経つほど自然妊娠できる確率は下がるので、30代になり、子供を望んでいても授かれないと感じた時には、すぐに夫婦で検査してもらうことをおすすめします。

 

まとめ

 

不妊治療は、平均35歳から始める方が多いことから可能であれば、30代で不妊治療を実施する方がいいでしょう。40代になれば、体外受精でも妊娠率が低くなるため、早めに不妊治療を行うことが重要です。

 

仕事が忙しいなど、後回しにしてしまうと、子供を望んでいても授かることができなくなる可能性があるので、少しでも不妊を疑う場合は、不妊治療を検討してみてください。

SNSでもご購読できます。