不妊治療中にアルコールを摂取するのは良いかダメかについて

不妊治療を行う場合、男性も女性も体を大切に労わり、健康的な精子・卵子を維持することが大切です。そんな不妊治療中にアルコールを摂取した場合、不妊治療に影響を与えることがあるのでしょうか。不妊治療の際に、どのような効果があるのか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

 

不妊治療の効果にアルコールは関係するのか?

 

不妊治療中に精子や卵子の活動を正常にするために、健康的な体作りは大切なことです。そんな中、アルコールを摂取すると、どのような影響が与えられるのでしょうか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

 

1.男性の場合

 

基本的に、アルコールを摂取すること自体は、不妊治療に影響を与えることは少ないと言われています。しかし、過度な飲酒はリスク因子が増加する傾向にあるので、アルコールの摂取量には十分注意する必要があるでしょう。

 

多少のアルコールであれば、不妊治療への影響はありませんが、摂取量が増えるほど、リスク因子が高まるので、受精・妊娠の確率が低くなることが予想されます。

 

また1ヶ月間の間に、アルコールを摂取した場合と摂取していない場合を比べた結果でも、アルコールを摂取した方の方が、流産率が高くなったという結果があるので、アルコールを摂取する習慣がある方は、早めに改善する方がいいでしょう。

 

2.女性の場合

 

女性が不妊治療の際に、アルコールを摂取した場合、卵子回収率・妊娠率低下・流産リスクが高まると言われています。リスクはアルコールの摂取量が多いほど増える傾向があるため、不妊治療の際にはアルコール摂取を控えることが大切です。

 

不妊治療の結果を少しでも早く出したいのであれば、アルコール摂取する習慣を控え、受精・妊娠の確率を高める努力をしていきましょう。

 

アルコールが及ぼす不妊への影響

 

不妊治療の前に、アルコールを過度に摂取することで、不妊になる原因を作ってしまうことがあります。過度なアルコール摂取による不妊への影響は、どのようなものがあるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

 

1.男性の不妊への影響

 

過度なアルコール摂取は、勃起不全を引き起こす可能性があります。神経反射がアルコールによって抑制されるために、勃起不全の症状がみられるのです。

 

アルコール依存の方には、このような勃起不全が確認されているため、不妊の原因を作らないためにも、過度なアルコール摂取は控えるようにしましょう。

 

2.女性の不妊への影響

 

女性の場合は、過度なアルコール摂取で無月経が引き起こされる可能性があります。無月経が続くと、不妊になるだけでなく、性交痛などが発生する恐れもあるため、アルコールを飲む習慣はある程度、抑制することを意識することが大切です。

 

アルコール摂取で引き起こされる胎児への影響

 

不妊治療を終えて、胎児がお腹の中にいる時に、安心してアルコールを摂取すると、胎児への影響が少なからず発生する恐れがあるので、注意が必要です。

 

胎児がお腹の中にいる場合に、アルコールを過度に摂取すると、リスク因子が高まり、異常が発生する恐れがあります。

 

少しでも胎児を労わるためにも、不妊治療の段階でアルコール摂取を控え、夫婦共に健康的な状態を維持するように心がけましょう。

 

まとめ

 

不妊治療中にアルコールを摂取することで、男性であれば精子に、女性であれば卵子に少なからず影響することがわかりました。ただ少量のアルコールであれば、問題はなく、注意すべきは過度にアルコールを摂取してしまうことです。

 

どれくらいの量で影響するかは個人差によるものが大きいので、出来ればアルコール摂取を控えることが大切でしょう。

 

また過度なアルコール摂取は、不妊の原因になる可能性もあるため、アルコールの摂取量は出来るだけ控えることが大切になります。

SNSでもご購読できます。