Click
 
はからめ通信
子宮卵管造影
    

子宮卵管造影

不妊治療は検査と治療が同時進行でおこなわれます。重要な検査の1つに子宮卵管造影があります。この検査は文字通り、子宮の内部の形の異常と、卵管の通過性を調べるもので、不妊症の検査においては、初期におこなわれることが多いようです。

例えば、両方の卵管が閉塞していれば、通常の夫婦生活はもとより、人工授精を行っても妊娠は期待できません。また、子宮の中に壁ができて2分される双角子宮でも、その程度によりますが、妊娠が困難な場合もあります。そういうことを診断するために子宮卵管造影はおこなわれます。

子宮卵管造影検査の実際ですが、子宮口からカテーテルという細い管を子宮の中に入れて、造影剤を注入して、レントゲン写真を撮ります。卵管は長さが約 10cmで、直径は細いところで約1mmです。そこに造影剤を注入するわけです。例えば、卵管が詰まっていればその先へは造影剤は流れていきませんから、その先は写真には写ってきません。子宮の内側の形や、卵管と卵巣の癒着なども調べることができます。よく、造影検査というと、「レントゲン(放射線)を使って心配ないのですか?」という質問を受けますが、この検査で用いられる放射線量は、何十回おこなっても大丈夫なレベルのものですので心配いりません。

卵管は微生物の感染によって閉塞を起こしやすい場所です。最近増加傾向にあるクラミジアという病原体の感染によって、閉塞を起こすことはよく知られていますが、その他にも淋菌や大腸菌の感染によっても閉塞は起こりえます。クラミジアに感染していたか(しているか)どうかは、採血によって調べられますので、不妊症の検査の最初の頃におこなわれます。

しかし、子宮卵管造影にはもう1つ重要な意義があります。それは治療的な側面を持つという事です。卵管が完全に閉塞した場合は別ですが、通りが悪いような程度であれば、この検査の後に妊娠する場合が多々あります。また、軽い癒着ははがれてしまうともいわれています。この検査が「煙突そうじ」、「トンネルそ うじ」と言われる由縁です。?

産婦人科医の統計でも、子宮卵管造影検査後の6ヶ月、特に最初の3ヶ月間に妊娠率が高いことが知られています。問題点として、子宮卵管造影は大なり小なり痛みを伴うことが多いようです。しかし、強い痛みを感じた場合には、どちらかの(もしくは両方の)卵管の通りが悪いことが多いのです。

私はこの検査のもつ治療的側面が非常に大切だと思います。初期におこなわれることが多い子宮卵管造影ですが、私はなるべく妊娠しやすいタイミングでおこなった方がよいのではないかと思います。例えば、基礎体温表や、ホルモン検査などから黄体機能不全を疑われるのであれば、漢方薬、排卵誘発剤や、黄体ホル モンなどを用いて黄体機能を改善させ、妊娠可能なコンディションを整えておいて、この検査を依頼するようにしています。

畑と用水路の関係で考えてみましょう。畑に水を引くことができなければ、作物は実りませんが、いくら用水路が整備されても、畑が荒れていたのではやはり実 りは期待できないでしょう。私はまず畑を耕すことが先だと考えます。またこの検査は、おこなうタイミングも重要です。妊娠も期待しておこなう検査ですから、月経の開始日から1週間~10日目がベストタイミングです。?

なぜなら、それから4~5日後に排卵があるからです。少々立ち入った話をしますと、造影剤には油性と水性があり、前者の方が検査後の妊娠率が高いといわれています。また、造影後のフォローアップの残像撮影も重要です。造影剤が充分に拡散していない場合には、卵巣や卵管周囲の癒着の可能性があるからです。

もし、あなたが不妊治療を受けていて、2~3ヶ月たっても子宮卵管造影が行われず、そういった話題がドクターから出ないようであれば、別のドクターに相談することも考慮した方がよいと思います。婦人科の中にはこの検査をおこなえない医療機関も多くあります。この検査が不妊治療の中で、とても重要であるとい うことは知識として知っておいて下さい。

 
カウンセリング
カウンセリングのご予約はこちらからどうぞ  匿名による無料メール不妊相談を受付中です  お問合せはお気軽にどうぞ

△ページの先頭へ戻る