はからめ通信
≪ Whiteboard ≫

LPバナー

子宮卵管造影検査は、いつ、どこでおこなうかが大切です。
無料相談フォームを開設しました。お気軽にご利用ください。
メールでのカウンセリング予約を受付開始しました。

無料相談フォーム

 

不妊治療とは?どんな流れで始められるのか

不妊治療とは

不妊治療とは一言でいうなら、「精子と卵子の距離を縮める医療」といえます。
すなわちタイミング法とは、精子と卵子が出会う日にちをより詰めることです。
人工授精は、通常の自然妊娠であれば、約15センチの距離を泳いでいかなければいけない精子の道のりを、精子を子宮内に注入することによって、約半分に縮めることができます。
体外受精にあっては、シャーレの中で限りなく精子と卵子をゼロになりますし、顕微授精に至っては強制的にその距離をゼロにしてしまうということです。

不妊の悩みが多い年齢

いま、女性の出産年齢は30~35歳が最も多いということをご存知ですか? 

次いで25~29歳、35~40歳がほぼ同数で続いているのです。
このデータは第2子や第3子も含めるので当然30代が高いのですが、第1子の出産年齢(初産年齢)の平均も30歳を超えており、近い将来、初産年齢においても30~35歳の層が最も多くなると予想されます。

一昔前のように「女性は、20代で子どもを持つ」
という状況ではなくなってきているのです。
35歳以上の初産を、出産によるリスクが高くなる「高齢出産」などと言われますが、これが全ての出産の20%近くなってきているのが現状です。
 女性の出産年齢が高いということは、不妊のカップルの増加も意味しています。
子どもを持ちたいと思うカップルの年齢が高いほど妊娠しにくくなります。
とくに女性の年齢が35歳を超えるとその傾向は顕著になります。
その大きな理由は、卵子がエイジング(老化)するからです。

不妊治療の検査方法とは?

まず男性側ですが、セックスが成立するカップルにおいて、男性が行うべき検査は、精液検査のみです。
男性が精液を医療機関に提出し、その精液量・精子数・pH(ペーハー)・運動率・奇形率などを調べます。
そしてこの検査で異常が認められなければ、男性側は問題なしということになります。

いっぽう、女性側の大切な検査も2つしかありません。
1つは基礎体温の周期に合わせて行われる、種々のホルモンチェックです。
生理周期に関係なく行っていい検査として、テストステロン(男性ホルモン)と、プロラクチンがあります。
プロラクチンは乳汁分泌ホルモンとも呼ばれ、妊娠後期から値が上昇してくるホルモンですが、妊娠してないのに、このホルモンの値が高いと、排卵障害の原因になります。
テストステロンが高い場合、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という、 排卵障害の代表的な病気などを疑います。
またホルモンチェックではありませんが、クラミジア感染症のチェックをしておくことも大切です。
なぜならクラミジアは、卵管閉塞を引き起こすことがあるからです。

つぎに生理中に行う検査とし、LH(黄体形成ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)が大切です。

そして基礎体温の高温期の半ばに行われるのが、プロゲステロン(P:黄体ホルモン)とエストラジオール(E2:女性ホルモン)の検査です。
この2つのホルモンは、協調して働き、子宮の内膜を受精卵が着床しやすいように環境を整え、 妊娠を継続させる働きをするホルモンです。
こうした3つのポイントで行われるホルモンチェックで異常がなければ、とりあえず子宮と卵巣は健康であり、受精卵を受け入れやすいということになります。

男女で不妊症になる原因

不妊の原因は男女に分けて考えると理解しやすくなります。
まず男性側の因子ですが、これも機能的因子と器質的因子に分けて考えることができます。
機能的因子とは勃起不全(ED)に代表されるようにセックスそのものが成立しないような場合、あるいは、セックスは成立しても射精に至らない射精不全などの場合です。
EDにおいても、一部器質的な理由でEDとなっている場合もありますが、その90%以上は精神的なものと考えられています。

一方、器質的な因子とは精液の質の問題です。
すなわち精子の数が少ない、精子の運動率が悪い、ということが不妊の原因になります。
男性因子は精液検査のみで、検査がほぼ完了するので、不妊症と考えられる場合、男性が率先して検査を受けることはとても大切なことです。

もう1点大切なことは、精液検査もストレスの影響を受けやすく、例えば、ハードワークの状態で行った検査とリラックスした状態で行った検査では、後者の方が良くなる場合が多いのです。

一般的な不妊治療(人工授精)の流れ

不妊治療のおおよその流れは、まずタイミング法に始まり、 それでも赤ちゃんができなければ人工授精を行い、 それでもダメな場合、体外受精や顕微受精と進みます。
その間、子宮卵管造影検査など、さまざまな検査や治療を受けることになります。
検査を行いながら、タイミング法をだいたい半年から一年、 その後、人工授精を5~10回経て、 体外受精や顕微受精へと進むのが一般的なようです。
このことをもう少し考えてみましょう。

不妊治療の流れは、たとえるなら、山登りに似ていませんか? 
スタート地点から5合目まではタイミング法でしょうか。
8合目までは人工授精、そして、8合目から頂上までにあたるのが高度生殖医療といわれる、体外受精や顕微受精です。
8合目から頂上までの登山は、みなさん厳しいと思います。

また、この山登りにあまり下りはありません。
途中まですすんだカップルが下を見ることもあまりありません。
そして、頂上までトライ(ステップアップ)するカップルに赤ちゃんができなかったら……。 そのときは、何度も登頂を繰り返す(体外受精などを繰り返し行う)か、 赤ちゃんをあきらめるか、どちらかの選択を迫られるわけです。
体外受精の費用は、1回40~80万とたいへん高額です。
肉体的、精神的、経済的負担がぐんと重みをましてきます。

不妊治療のように、結果の白黒が「妊娠」という形ではっきりつく医療では、 なかなか結果がでないと、気持ちに焦りが生じてしまいます。
だからこそ、不妊治療を受けると決めたカップルは、 自分たちがどのような治療を望み、 どこまでなら納得して受けられるかということを、 よく確認しておくことが重要です。

こまえクリニックで行なっている不妊治療の流れ

「赤ちゃんができなければ不妊治療」と思っている方が少なくないようです。
事実、赤ちゃんができないからと、いったん不妊外来を受診すれば、 経膣超音波によるタイミング指導から始まり、 人工授精、そして体外受精や顕微授精といった 高度生殖医療まで進んでしまうケースが少なくありません。

けれども、本当にそれでいいのでしょうか? 
私がカウンセリングでお話を聞いているカップルや、 インターネットを通じて相談をしてこられる方にも、 「妊娠はしたい、でも高度生殖医療は希望しない」という人も増えてきました。
価値観の多様化を反映しているのかもしれませんが、 私には不妊治療も「妊娠の質」が 求められる時代になったのだと思えてなりません。

不妊治療が、大きな精神的、身体的ストレスをともなうことは、 経験された多くの方が訴えています。
また、不妊治療が不妊をさらに悪化させる 「不妊治療不妊」ということも多いのです。
私は、「赤ちゃんが欲しい」ということとが、 ストレートに「不妊治療」につながらないと考えています。

こまえクリニック「不妊ルーム」は、 不妊に悩むカップルの相談、フォローアップを行っています。
カウンセリングをおこない、 あなたといっしょに、より自然に妊娠に至る方法を見い出していく、 自然妊娠と不妊治療の間に位置する、妊娠へのベースキヤンプです。

このベースキヤンプで、2017年7月27日現在、 1,948名の方が妊娠されています。
「不妊ルーム」のモットーは、 ”不妊治療だけが妊娠に至る道ではない!” ということなのです。

当院の特徴と実績

こまえクリニック「不妊ルーム」は、2000年5月から、不妊に悩むカップルの相談、フォローアップを行っています。


■自然妊娠に至る方法を見出します
自然妊娠と不妊治療の間の位置する妊娠のベースキャンプとして、カウンセリングを通し、あなたと一緒により自然に至る方法を見つけ出していきます。

■不妊ルームでの妊娠は1500名以上
不妊ルームの患者さんの7割以上が、以前に不妊治療を経験された方々です。
タイミング法はもとより、人工授精、体外受精などの不妊治療を受けても妊娠に至らなかった方が、当院のフォローアップで数多く妊娠されております。


■女性の8割以上の方に漢方を処方
「不妊ルーム」に通院されている女性の8割以上の方に、漢方薬を処方しています。特に、子宮内膜症や黄体機能不全、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などの女性に対しては、漢方を積極的に取り入れています。

また、男子因子に対しても、漢方薬などを用いて効果を上げています。


■40歳以上のフォローも実施
40歳以上の女性のフォローアップにも積極的に取り組んでいます。


■DHEAサプリメントとの併用
漢方薬に加えてDHEAサプリメントなどの併用によって、妊娠される方も増えています。排卵誘発剤のクロミッドを使用する事もあります。


■体外受精カウンセリングの実施
体外受精などの高度生殖医療は、非常に医療費が高額であり、医療機関選びが何よりも大切になってきます。
そこで、「不妊ルーム」では、IVF(体外受精)カウンセリングも行っています。

 ▶ IVFカウンセリングの詳細はこちら


■県外・遠方からも多数来院
現在不妊治療を受けている方には、セカンドオピニオンを提供しています。
「不妊ルーム」では、県外・遠方からも多くの患者様が相談に来られております。


■女性スタッフのサポートあり
女性スタッフによるサポートもございますので、 妊活を考え始めた方、不妊治療に踏み切れない方も安心して、お気軽にお越しください。

LPバナー
カウンセリングの予約案内

こまえクリニック「不妊ルーム」のカウンセリングは、以下のスケジュールで行っております。

カウンセリング開始時間

以下のお時間帯にお電話下さい 予約可能時間

水曜・日曜・祝日は受け付けておりません。あらかじめご了承下さい。
カウンセリング料金 3,000円/30分~40分


上記のお時間帯にお電話できないという方は、
メールでのカウンセリング予約を受付いたします。

1)ご都合のよろしい日時を、第1、第2、第3希望まで指定してください。
2)お名前、年齢、できれば携帯の電話番号もお願いします。
3)hojo@koma-cli.jpまでメールをお送りください。

こちらから確認メールをお送りします。
(PCよりお送りしますので、スマホのPCメール着信拒否解除もお忘れなく)

●こまえクリニックへのアクセス・案内図
マップ

匿名による無料メール不妊相談を受付中です   お問合せはお気軽にどうぞ


カウンセリング
カウンセリングのご予約はこちらからどうぞ  匿名による無料メール不妊相談を受付中です  お問合せはお気軽にどうぞ
  • カウンセリング
  • 匿名による不妊相談を受付中です
  • お問合せはお気軽にどうぞ
こまえクリニック院長の書籍出版案内です

≪2014年4月4日 新刊のご案内≫

新・妊娠レッスン
「不妊ルーム」のカウンセリングが安価な文庫本になりました!

40歳以上の妊娠例も多数!妊娠力が確実にアップする3つの法則をご紹介

>>> 院長の著書一覧はこちら

こまえクリニックについて
院長ブログ:「不妊ルーム」の窓から
 
妊娠に役立つ情報
PICK UP!
アクセスMAP

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩1分
電話:03-5438-2525

診療受付時間のご案内
■診療受付時間
 月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
 木   曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
 土   曜
午前9:00~12:20
 日   曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)・祝祭日

ご感想、お問い合わせは
メールはこちらメールでお気軽にどうぞ

△ページの先頭へ戻る