不妊治療を諦める理由とその場面に直面した際にどうすればよいのか

年齢を重ねるごとに自然妊娠が難しくなることから、近年では晩婚化から不妊治療を行う夫婦が増えている傾向にあります。ただ全ての夫婦が子供を授かる訳ではなく、不妊治療を諦める夫婦もあるのです。今回は、不妊治療を諦める理由と、その場面に直面した時に、どのようにすればいいのか、詳しい内容を紹介していきます。

不妊治療を諦める理由

不妊症の場合に、クリニックで実施してもらうことができる不妊治療は、継続していくことで子供を授かる可能性があります。ただ、様々な理由によって諦める夫婦も存在しているのが現状です。

 

どのような理由で、不妊治療を諦めることが多いのか、詳しい内容を解説していきます。

 

1.継続するためには高額な医療費がかかる

 

不妊治療は初期治療として、タイミング法を実施していきます。そこから、徐々に人工授精や体外受精とステップアップしていくのが特徴です。タイミング法などの初期治療については、保険が適用するため、1回の費用は何千円で済みます。

 

しかし、高度な不妊治療を行う度に、何十万円とかかることから、不妊治療を継続するほど、高額な医療費が発生するのです。そのため、結果が出ないことから、不妊治療を諦める夫婦も多いと言われています。

 

2.続けるほど心身共に疲弊する

 

不妊治療を行ったからといって、必ず成果が出るとは限りません。何度も実施することで、受精・妊娠できる夫婦も存在するため、気長に不妊治療を続けることが大切です。ただ不妊治療を行うことで、未知の痛みや周囲の期待から、肉体的・精神的に疲弊する夫婦もいます。

 

不妊治療で発生する痛みは、個人差がありますが、体外受精などの施術は体に多少の負担がかかるのが特徴です。継続していくことで、心身共に疲弊し、不妊治療を諦める夫婦もいると言われています。

 

3.病院に行く時間を調整する必要がある

 

不妊治療は、女性の排卵日の周期など、タイミングによって病院に行く日付が決められます。そのため、仕事の調整を行う必要があるのが難点です。

 

何度も仕事を休むことは、会社勤めであれば難しく、調整が出来なくなることで、不妊治療を諦める夫婦もいます。

 

不妊治療を諦めそうな時に取るべき行動

 

不妊治療を諦める理由は、夫婦によって異なります。そんな諦めそうな時には、どのような行動を取るべきなのでしょうか。詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

 

1.助成金や医療費控除を検討する

 

医療費が高額になることで、不妊治療を諦めそうであれば、国や自治体が行っている特定不妊治療助成事業を利用すれば、助成金を受け取ることができます。また確定申告の際に申請する、医療費控除を利用すれば、納める税金も少なくすることが可能です。

 

2.夫婦で共に励まし合う

 

心身共に疲弊して、不妊治療を諦めそうであれば、夫婦で共に励まし合うことが大切です。周囲の期待や言葉が気になることもありますが、夫婦で支え合うことで、乗り切れることもあるので、お互いがお互いのことを認め合って不妊治療を続けることが重要になります。

 

3.職場で負担の少ない部署に異動する

 

病院に行く時間など、仕事の調整が必要であれば、融通の利く負担の少ない部署に異動することを検討することも重要です。不妊治療を諦めそうであれば、仕事量などを上手く調整して、負担を減らす努力を心がけましょう。

 

まとめ

 

不妊治療は継続するほど、費用や負担がかかります。そのため、途中で諦めてしまう夫婦も少なくありません。しかし、諦めそうな時こそ、取るべき行動を意識して、不妊治療を続けるように努力しましょう。

 

不妊治療は継続してこそ、子供を授かる可能性があります。辛抱強く続けて、結果が出るまで不妊治療を行ってみてください。

赤ちゃんができないから「不妊」とは決めつけないで

「不妊」とはどういう状態をいうのでしょうか?
「不妊症」は病気なのでしょうか?

不妊症は、カップルが赤ちゃんを欲しいと思ったとき、
はじめて成り立つ病気です。赤ちゃんを望まなければ、
多くの場合、病気ではないのです。
また、不妊症には、たとえば糖尿病のように
はっきりとした診断基準があるわけでもありません。
糖尿病はその人個人の問題ですが、
不妊は夫婦どちらかに原因があったにせよ、
あくまでも夫婦の問題だからです。

でも、こんなことばを聞いたことはありませんか?
「通常の夫婦生活をして、1年間妊娠しなければ不妊症」
しかしながら、ここでいう「通常の夫婦生活」が意味するものも、
そのとらえ方も人それぞれです。
実際、月に1回のセックスが「通常」であるカップルもいれば、
ほとんど毎日愛し合うことが「通常」であるカップルもいます。

ですから、まず大切なことは、赤ちゃんができないからといってすぐに、
自分たちを「不妊」と決めつけないことです。

どのくらいの期間、赤ちゃんができなければ不妊なの?

ではどれだけの期間、妊娠しなければ「不妊」と考えたほうがいいのでしょうか?
先に述べたとおり「通常の夫婦生活を営んで1年間妊娠しない場合は不妊症」というのが、現在一般的に受け入れられている考え方です。1年で不妊というその根拠はど
こにあるのでしょうか?

不妊に対してまったく問題のない100組のカップルがいるとします。仮に1周期あたりの妊娠率を25パーセントとすると、最初の1ヵ月で約25組が妊娠することになります。

残り75組のうち25パーセントにあたる19組が、つぎの周期で妊娠することになります。

残り56組のうち25パーセントにあたる8組が、そのつぎの周期で妊娠することになります。このように計算していくと、1年後に妊娠しないまま残るカップルはわずか3組になるというわけです。

ここから「1年経っても妊娠しなければ不妊」という考え方が出てくるのです。
しかし、これはカップルの双方に不妊に対してなんら問題がない場合の、あくまでもシュミレーションでしかありません。

子どもを産みたいと考えたカップルの80パーセントが結婚して1年後に、90パーセントが2年後に妊娠しているといわれますが、先ほども述べたように、夫婦の背景や夫婦生活のとらえ方ははさまざまです。

「赤ちゃんが欲しいと思って1年経って妊娠しなければ不妊」というのは、あくまでひとつの目安にすぎません。1年以上たっても自然に妊娠するカップルもたくさんいることを心にとめておいてください。

レッスン:不妊に定義はない!

第2回「妊活セミナー」のご案内

第2回のセミナーを、2019年1月14日(月曜、祝日)におこないます、

時間は、10:00~12:00を予定しております。
参加費は1,000円(席料、資料代として)です。

続きを読む

不妊の人が必ず不妊治療が必要なわけではない

 カップルの5組に1組が不妊に悩んでいるといわれています。ですが、赤ちゃんが欲しいけれどなかなかできない人に、必ず不妊治療が必要なわけではありません。

 不妊治療に関して、体外受精や顕微授精といった高度生殖医療を行う医療機関においても、妊娠した人の70~75%はタイミング法で妊娠しています。タイミング法とは、簡単にいえば排卵日に合わせて夫婦生活を持つということ。限りなく自然妊娠に近い形です。

 医学的な理由で高度生殖医療が必要な人は、不妊の方の10組に1組です。不妊の人の10組に9組みは、「自然に近い形で妊娠する可能性がある」ということなのです。

 なぜこのようなことを述べるのかというと、不妊治療が大きな精神的、肉体的ストレスをともなうと、私自身も実感しまた、経験された多くの方が訴えているからなのです。とくに女性の負担は大きなものがあります。たとえ男性のほうに原因があったとしても、治療を受けるのは主に女性だからです。時間的、経済的な負担もあります。皮肉なことに、このようなストレスが重なって、不妊症の治療が不妊をさらに悪化させる「不妊治療不妊」となることも少なくありません。自然妊娠できる可能性があったのに、不妊治療に熱心になるあまり、セックスレスになってしまうカップルも少なくありません。これでは何のための治療かわかりません。

 不妊治療に進む前に、できることはたくさんあります。私はまずそこから始めましょうと言いたいのです。この章ではその具体的な方法を紹介していきますから、ぜひ実践していただきたいと思います。

 今は医療の質が問われる時代です。自分たちがどのような妊娠を望むのか、まずはじっくりと考えてみてはいかがでしょうか。不妊症は一刻を争うような病気ではありませんし、一刻を争っているカップルは、プレッシャーや精神的ストレスからかえって妊娠しにくいものです。

赤ちゃんができないから「不妊」とは決めつけないで

「不妊」とはどういう状態をいうのでしょうか?
「不妊症」は病気なのでしょうか?

 不妊症は、カップルが赤ちゃんを欲しいと思ったとき、はじめて成り立つ病気です。
赤ちゃんを望まなければ、多くの場合、病気ではないのです。また、不妊症には、たとえば糖尿病のようにはっきりとした診断基準があるわけでもありません。糖尿病はその人個人の問題ですが、不妊は夫婦どちらかに原因があったにせよ、あくまでも夫婦の問題だからです。

でも、こんなことばを聞いたことはありませんか?

続きを読む

『決定版 妊娠レッスン』に込めた想い

先週私は『決定版 妊娠レッスン』を新潮文庫から出版いたしました。

私は、16年前に『妊娠レッスン』 (主婦と生活社)という本を出版しました。
幸いなことに、『妊娠レッスン』は多くの読者に受け入れられ、
12刷、6万部のベストセラーとなりました。
さらに図書館、セカンドハンドで多くの女性に行き渡り、
その何倍もの人が目を通し、多くのカップルが妊娠に至りました。

続きを読む

『決定版 妊娠レッスン』11月28日発売になります!

今年の春から準備してきました原稿が、
『決定版 妊娠レッスン』というタイトルで、
11月28日、新潮文庫から出版の運びとなりました。

私は、16年前に『妊娠レッスン』 (主婦と生活社)という本を出版し、
幸いなことに多くの読者に受け入れられ、
12刷、6万部のベストセラーとなりました。
さらに図書館、セカンドハンドで多くの女性に行き渡り、
その何十倍もの人が目を通したと思います。

続きを読む

もぎたての【メールから】11月19日

患者様からいただいたメールをご紹介します。

こんにちは。●島 ●かです。
※プライバシーの観点から一部名前を伏せております。

先日の診察の時に先生から
「あなたは、幸せですね」と言われました。
改めて「あー。私、幸せなんだな。」
と感じました。

続きを読む

『決定版 妊娠レッスン』を出版します!

11月28日 『決定版 妊娠レッスン』(新潮文庫)を出版いたします。

この本は今から16年前に出版した『妊娠レッスン』(主婦と生活社)を
リニューアルして、文庫化したものです。

リニューアルですから、もともとのコンテンツが存在したわけです。
ですから私は2カ月くらいで書店に並ぶと当初は考えていました。

続きを読む