基礎体温表を重視した不妊症、不妊治療相談トップはからめ通信排卵誘発剤と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
はからめ通信

排卵誘発剤と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

排卵誘発剤(クロミッド・注射薬)の
副作用、卵巣過剰刺激症候群

排卵誘発剤とは?

不妊治療は多くの場合、タイミング法からスタートします。男性にも女性にも不妊に至る原因が特に見あたらなければ、最初は薬を使用せず、経膣超音波法による排卵予測と、夫婦生活のタイミング指導を行います。

それから、少しでも妊娠率を向上させるために使用されるのが排卵誘発剤です。患者さんの中には、排卵誘発剤と聞くと構えてしまう方も少なくありません。これはひとはだれもより自然な妊娠を望むからでしょう。

しかし、排卵誘発剤にはほかに、黄体機能を高め、基礎体温を安定させるなどの作用があります。「奇形を持った子供が産まれてくることはありませんか?」という質問もよく受けます。しかし、これは排卵誘発剤を正しく理解していないことによる誤解です。

排卵誘発剤は卵巣を刺激しますが、卵子には作用しません。したがって、排卵誘発剤よる奇形の発生ということはあり得ませんし、報告もありません。排卵誘発剤は経口薬と注射薬の2 つに分けて考える事ができます。

経口薬としての排卵誘発剤

経口の排卵誘発剤で最もよく使用されるのがクロミッド(一般名:クロミフェン)という薬です。この薬は無排卵や無月経の患者さんのみならず、黄体機能不全、さらに人工授精における妊娠率を向上をさせるためなど使用範囲が広く、不妊治療では、排卵誘発剤といえばクロミッドの感さえあります。

この薬は脳に作用して、卵巣を刺激するホルモン(FSH )の分泌を促す事により、間接的に卵胞の発育、ひいては排卵を促します。しかし、この薬には「子宮内膜が薄くなる」、「経管粘液が減少する」などの問題点があり、クロミッドの使用期間が長くなるにつれて、こうした副作用の発生頻度が高くなります。

また、この薬を用いて妊娠した場合には、通常の妊娠より流産率が少し高くなります。この薬は生理が始まって5日目から、最初は1日1錠を5 日間服用するというのが基本です。しかし、副作用を軽減するために、生理初日からや、3日目から服用を指示するドクターもいます。

この薬によって双子が生まれる確率は約5 %といわれています。また、あとで述べる卵巣過剰刺激症候群という副作用が出る事はほとんどありません。クロミッド服用中に、頭痛や吐き気がまれにおこることがあります。

セキソビド(一般名:シクロフェニル)という薬もクロミッドと同様、排卵誘発作用をもつ薬ですが、経管粘液減少や子宮内膜が薄くなるなどの問題が小さいかわりに、排卵誘発作用もクロミッドほど強くありません。ただ、この薬は1日4~6錠と服用する量も多く、また7 ~10日間服用しなければならないので、患者の心理的負担はクロミッドより大きいといえます。

注射薬としての排卵誘発剤

注射薬の排卵誘発剤としては、HMG製剤(ヒュメゴン、パーゴナル、フェルティノームP など)が頻用されます。この薬はFSH と同じ作用を持ち、卵巣に直接働いて卵胞の発育を促します。経口の排卵誘発剤よりは作用が強く、使用目的によって用いる量も違います。つまり、無排卵の患者さんに排卵を促す目的で用いる場合と、体外受精のために1度にたくさんの卵を得るために用いる場合とでは使用量は全く違います。

この排卵誘発剤は卵巣を直接刺激しますので、一度に複数の排卵が起こることも多く、したがって、双子、三つ子などが生まれる確率は20%前後あります。この薬は強い薬なので、用いる量や患者さんの病状や薬に対する感受性によって卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という副作用がでることがあります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

卵巣過剰刺激症候群は、排卵誘発剤を使用したとき、卵巣が強い刺激を受けて大きく腫れることをいいます。とくにHMG 注射の後にHCG を注射したそのあとに生じやすいといわれています。

ほとんどは経過を見るだけで自然に消えますが、時にお腹に水が溜まって脱水状態になり、入院治療が必要になる場合があります。最悪の場合には、血液が濃縮されることにより、脳梗塞に至る事もあります。卵巣過剰刺激症候群は、若くて卵巣の反応性が良い方や、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の方に発症しやすい事が知られています。

最近、体外受精をおこなうケースが増えていますが、この場合HMG の使用量も多いので、卵巣過剰刺激症候群の発生も増加傾向にあります。体外受精をおこなう患者さんは、治療のスケジュールについて、医師から詳しく説明してもらってください。

こうした排卵誘発剤を使用する場合は、まず患者さん自身がこの注射を受けているという事実を知っておくこと、そしておなかがはる(腹部膨満感)、下腹部痛、吐き気、嘔吐などの症状が出た場合や、急に体重が増えてきた時には、速やかに医師に連絡し、対処してもらうことが大切です。また、体外受精をクリニックでおこなう患者さんは、そのクリニックと病院との連携についても、事前に説明を受けておきましょう。

不妊治療や不妊症のご相談なら東京の不妊ルームのTOPページへ戻る
不妊カウンセリングはこちら

匿名による無料メール不妊相談を受付中です

お問合せはお気軽にどうぞ

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院

こまえクリニック院長の書籍出版案内です

≪お勧め書籍のご案内≫

院長公式ブログ「妊活のトリセツ」
≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日