不妊ルームトップ妊活のための体外受精(IVF)レッスン体外受精の現状を知りましょう
妊活のための体外受精(IVF)レッスン

③ 体外受精の現状を知りましょう

体外受精という医療にどう臨むのか?

カップルの5組に1組が不妊に悩んでいると言われています。
こうした社会情勢を反映して、体外受精などの高度生殖補助医療(ART)によって誕生する子どもの数は年々増え続けています。

私は2006年に出版した本の中で、次のように記しました。

「2002年末でわが国での体外受精児の数は、累計で10万人を突破しました。 さらに2003年の1年間で17、400人の体外受精児が誕生しています。 これは、生まれてくる子供の実に65人に1人が体外受精児だということを物語っているのです。 小学校のどのクラスにも1人の体外受精によって生まれた子どもがいるということも現実として視野に入ってきました。」

ところが、現在生まれてくる子どもの15人に1人ですから、 小学校のどのクラスにも2人は、体外受精によって生まれた子どもがいることになります。

しかしながらそのいっぽうで、体外受精による妊娠率は、 ここ10年余り20%前後の横ばい状態を続けています。 体外受精児の数が増加しているのは、その医療を受ける人の数がとても増えてきたからなのです。

体外受精の妊娠率20%の意味するところは、 この医療にエントリーしても5人に1人しか妊娠できないということです。 さらに、妊娠に至っても流産する確率も高く、1回の体外受精で子どもを抱いて帰れる確率(生産率)は15%なのです。

こうした体外受精という医療にどう臨むのかは、本当に大切です。

不妊治療や不妊症のご相談なら東京の不妊ルームのTOPページへ戻る
不妊カウンセリングはこちら

匿名による無料メール不妊相談を受付中です

お問合せはお気軽にどうぞ

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院

こまえクリニック院長の書籍出版案内です

≪お勧め書籍のご案内≫

院長公式ブログ「妊活のトリセツ」
≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日