基礎体温表を重視した不妊症、不妊治療相談トップはからめ通信妊娠するということ
はからめ通信

妊娠するということ

人間はそんなに妊娠しない

妊娠に関して、最初にちょっとがっかりするような、ほっとするようなお話をしたいと思います。

カップルの両方にまったく不妊に該当する問題がなかった場合、1回の生理周期あたりの妊娠率は15-30%と考えられています。ところが、同じ哺乳類で、ヒトに一番近いチンパンジーは、70%が妊娠します。これがマウスとなると排卵された卵子のほとんどすべてが受精するのみならず、子宮内で発育することがわかっています。

つまり、ヒトはそんなに妊娠しやすくはないのです。子どもを欲しいと思ってすぐにできなければ、「不妊症」と思い込んでいる方もたくさんいます。

ちょっと、まず深呼吸してみましょう。

それでは、どれだけの期間妊娠しなければ、「不妊」と考えた方がよいのでしょうか?「通常の夫婦生活を営んで、2 年間妊娠しない場合」を「不妊症」と産婦人科の先生の間では受けいれらてきました。しかし、最近では1年たっても妊娠しない場合を不妊症とした方が現実に即しているのではないかともいわれています。なぜでしょうか?

今 、不妊に関しては、まったく問題のない100組のカップルがいて、一周期あたりの妊娠率を25%として、このうちの何組が1年間で妊娠するか考えてみましょう。

まず、最初の1ヶ月で25組が妊娠しますから、残りは75組となります。次の1 ヶ月で約19組が妊娠しますから、残りは56組です。その次の1ヶ月は、8組妊娠して42組が残り……という計算を繰り返していくと、1年後に妊娠せずに残るのは約3組となります。

これはあくまでシュミレーションですが、現実の統計を見ても、両方に問題がなければ、子どもを望むカップルの90%が結婚から1年後に妊娠しています。「結婚して1年たって子どもができなければ…」というのが1つの目安だというのがおわかりいただけるのではないかと思います。

妊娠成立のメカニズム

ここで、ヒトはどのように妊娠するのか、そのメカニズムを説明しましょう。

夫婦生活の結果、膣内に放出された1 ~3 億の精子は、いっせいに子宮をめざして泳ぎ出します。ちなみに、精子が泳ぐスピードは2 ~3 ・/分です。しかしながら、そのほとんどは膣内で死んでしまいます。それは膣内が酸性であるため、タンパク質が主成分の精子は生存しにくいのです。もっとも、子宮のほうも頚管粘液という助け舟をだし、精子を子宮内へ向かい入れやすくします。

産婦人科の先生からうかがった話ですが、子宮は精子を吸い込むスポイトのような役目もするのではないかとのことです。そういわれると、子宮はスポイトのゴム球のように見えませんか?そうして、ごく一部の精子が子宮内にたどりつきます。子宮の中へたどりついた精子を、今度は白血球が待ち構えています。白血球は精子をよそもの(異物)と認識しますから、ほとんどの精子は白血球によって殺されてしまいます。

受精は子宮内でおこると考えているかもしれませんが、そうではありません。子宮内にたどりついた精子は、さらに卵管をめざして泳ぎつづけなければなりません。卵管の両端は内腔が大きく卵管膨大部といわれます。そして、ここが卵子と精子が出会い、受精が行われる場所です。

また、妊娠は精子と卵子が出会うことが大前提ですから、精子の寿命が約3日、卵子の寿命が約24 時間ということも重要なことです。そして、ようやくこの場所にたどりついた、ごくごく一部の精子が卵子の周りに集合します。

ここまでたどりつけるのは、最初に放出された1 ~3 億と考えられる精子のうちの、ほんのひとつまみの数百程度です。ところが、ようやく卵管膨大部にたどり着いても、卵子のまわりには卵丘細胞という細胞が何重にも卵子を取り囲んでいます。この卵丘細胞は卵子のお供のような細胞で、排卵のさいに卵子と一緒に卵巣から卵管采というラッパ状の入り口を通って、卵管に移ってきます。「かぐや姫」が多くのお供を従えて月へ飛び立つような感じです。精子はこの中をかきわけて卵子をめざします。そして、その一部がようやく卵子にたどりつくわけですが、その卵子の表面に透明帯というゼリー状の最後のバリアーが存在します。ここをつき抜けて、まさに頭一つの差でも、一番最初に卵子にたどりついた一つの精子のみと受精が成立します。そうすると卵子の表面に化学変化がおこり、その他の精子をいっさい受けつけなくなります。

受精が終了すると、卵子は卵割という細胞分裂を始めると同時に、卵管内を子宮に向かって移動しはじめます。そして、3 ~4 日かけて安住の地である子宮にゆっくり降りてきます。一方、子宮の方も受精卵を向かい入れる着床の準備を始めています。すなわち、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの継続的な分泌により、子宮内膜はその厚さを10 ・~14 ・まで肥厚させ、体温を上昇させます。そして、受精卵は子宮内膜にもぐりこみます。これが着床であり、妊娠の成立です。

不妊治療や不妊症のご相談なら東京の不妊ルームのTOPページへ戻る
不妊カウンセリングはこちら

匿名による無料メール不妊相談を受付中です

お問合せはお気軽にどうぞ

  • カウンセリング
  • 無料相談フォーム
  • お問合せはお気軽にどうぞ
≪院長プロフィール≫
こまえクリニック院長 放生 勲

昭和62年3月 弘前大学医学部卒業

都内の病院にて2年間の内科研修

フライブルク大学病院および
マックス=プランク免疫学研究所留学

東京大学大学院医学博士課程修了
(東京大学医学博士)

平成11年5月こまえクリニック開院

こまえクリニック院長の書籍出版案内です

≪お勧め書籍のご案内≫

院長公式ブログ「妊活のトリセツ」
≪アクセスMAP≫

こまえクリニック 地図
クリックで拡大します

〒201-0014
東京都狛江市東和泉1-31-27
小田急線狛江駅南口徒歩2分
電話:03-3430-1181

≪診療受付時間のご案内≫
■診療受付時間
月・火・金
午前9:00~12:20
午後4:00~6:50
木曜
午前9:00~12:20
午後6:00~8:50
土曜
午前9:00~12:20
日曜
午前10:00~12:50
(第2・第4)
■休診日
水曜・日曜(第1・3・5)
・祝祭日